医師紹介



院長

安田 裕一(やすだ ゆういち)

昭和55年
鹿児島大学医学部卒業
卒業後大学病院の麻酔科で3年研修
瀬戸内町の僻地診療所1年半勤務
県立名瀬病院麻酔科1年半勤務
大学病院麻酔科集中治療室1年勤務
麻酔指導医資格取得
昭和62年
特定医療法人徳洲会に入職
昭和63年
大隅鹿屋病院開設。
以後、救急医療、僻地医療に取り組み、総合医療を目指してきた。
平成14年
志布志中央クリニック開設、現在に至る

私のような麻酔医は貴重です。ここでしか受けられない治療法を紹介します。

麻酔科、ペインクリニック
①顔面麻痺(星状神経節ブロックをします)
②顔面痙攣(ボツリヌス抽出物質を使います)
③痙性斜頚(ボツリヌス抽出物質を使います)
④三叉神経痛(内服および神経ブロックで治療します)
⑤帯状疱疹(合併症の検査、および神経痛が残るのを防ぐ為に神経ブロックを行います)
⑥その他の神経痛などの痛み
⑦モビリゼーション(関節のストレスをとることにより痛みを和らげる整体術)
⑧慢性疼痛を和らげる鍼灸治療
⑨突発性難聴
腎臓内科(人工透析)、内科
①30年以上の実績
②日本透析医学会

ゆう馬の音楽

デナコッジャ音頭 :作詞・作曲 裕馬/編曲 近藤 たかし
歌:神戸アコ(日本クラウン)
「デーナコッジャ」とは鹿児島弁で大変なことだと言う意味ですが、びっくりした時、おどろいた時に、 良いことにも悪いことにも、感嘆詞として使われます。

【デナコッジャ音頭】を聴く

風の子守歌 :作詞・作曲 裕馬/編曲 鎌田
歌:児島 竜
鹿児島県在住のアコースティックバンド『hitori』のリーダーです。
2001年『音楽教室サンライズ』を設立。ピアノ・カラオケ・ボーカル・作詞作曲・ギター指導をするなどの実力派! メジャーへ向けてライブ活動に頑張っています。(hitoriさんホームページより抜粋)

【風の子守歌】を聴く

非常勤医師 総合診療

太田 敦子

非常勤医師 産業医

織田 麻奈美

非常勤医師 消化器内科

足立 英一

非常勤医師 循環器内科

有馬 喬

内田 修平

非常勤医師 人工透析内科

貴島 沙織

非常勤医師 精神科医

久我 弘典

非常勤医師 心療内科

雷 智子