Diary 2013. 6
メニューに戻る
6月17日 (月)  医原病

私が学生だったころ、小児の筋短縮症が社会問題となった。子供への筋肉注射により注射部位の筋肉が炎症を起こし固くなるのである。製薬会社、医療界、厚生省がからむ社会経済学的背景が悪さをしていた。その後の薬害問題は汚染血液製剤のように、このあしき社会経済学的背景があった。
 今回の子宮頸がんワクチンによる薬害も、同じ背景を持つ。しかしあまりの悪質さは前例がない。素人でも、有効性がないとわかるワクチンをろくに議論もせず異例の速さで承認して、予算までつけて義務化する。他に何かよこしまな目論見があると思ってしまう。今回奨励はしないが中止もしないことになったのだそうだ。その前に責任の所在と責任者の謝罪・処罰を追及すべきだ。


6月17日 (月)  水平偏向管

 馬主は思い出のアンプをレストアした。平成10年に馬主は鹿児島全県区の参議院選挙に立候補した。この時馬主の親友が、選挙違反の容疑で、長期間拘留された。彼が釈放されるのに合わせてこのアンプを作りプレゼントしたのです。電源回路を造り変え、前段の真空管を増幅率の高いものに変え。負帰還を強化しました。出力管はテレビの水平偏向管です。
 あれから15年、21世紀に自民党は消滅するだろうと予想していたが、いまだに腐臭を放ちつつ老醜をさらけ出している。7月の参議院選挙で大勝し憲法を改正するのだと。まさか、日本人もそこまで馬鹿ではないだろうと思うが・・・
ヒヒン・・・裕馬

234-1.jpg



6月20日 (木)  趣味のラジオ

真空管ラジオのレストアを始めました。2ヶ月に1台のつもりで始めたのですが、この1ヶ月で5台目になります。部品を外し、シャーシを紙ヤスリで磨き、亜鉛塗料で錆止めをし、スプレー塗料で化粧し、新品の抵抗とコンデンサーで配線し、発信機を使って調整し、ダイヤルに糸かけし、箱に納めたら終わりです。このラジオは山野草の博士であり古いミシンのレストアの達人でもある上原氏の倉庫から救出したものです。

235-1.jpg 235-2.jpg 235-3.jpg



6月21日 (金)  いじめをいじめる


 本日21日の参院本会議で、いじめ防止法が成立したようです。今秋施行を予定しているそうです。重大事案へ報告義務を科すそうです。

いじめは、昔も今も未来もなくならない。いじめはどこにでもあるということを前提に対策を考えることだ。いじめは正常な発達過程の子供の普通の現象である。それを前提に教育のプログラムに入れるべきだ。


6月23日 (日)  ラジオの完成

 あの粗大ゴミ同然だった古い真空管式ラジオのレストアが完成しました。
 工程をなぞると、シャーシを外し、部品をすべて外し、シャーシのサビを落とし再塗装し、使える部品を再配置し、コンデンサーは全て取り替えて配線し、調整し、箱を補強し、塗料を落とし再塗装し、箱の中に入れて終わり。感度良好。 (写真5枚)

237-1.jpg 237-2.jpg 237-3.jpg



6月24日 (月)  TPPはだめです

 帝国主義的植民地主義の旨みを忘れられない欧米列強だが、遅れてやってきたアメリカは新植民地主義を採用した。日本には戦勝国利権を振りかざし、世界には金融詐欺と「正義」の戦争による強奪を繰り返し、帝国を維持してきた。この詐欺が続かないのを見越して、TPPというう新たな日本収奪作戦をねってきた。それがTPPだ。これを許すと日本が日本でなくなる。TPPは得るものより失うものが大きい。国民皆保険制度も崩壊する。
 断固反対!
          ヒヒン・・・裕馬


6月30日 (日)  夏井の原生林

志布志自然愛好会の皆さまと原生林に分け入り、ハンゲショウの群生地、バクチの木、を見に行きました。途中大雨になり足元がぬかるみ難行軍でした。ハンゲショウは花が咲く時、葉が花びらのように白く変色します。花もちがいいので茶室に良く飾られたそうです。バクチの木は樹皮が自然にはがれます。身ぐるみはがされるので、ばくち打ちのようだということらしい。道中、足元にオウハンゲ、ムヨウラン(タシロラン)、倒木に生えたカワラタケ、名前を聞き損ねたランの仲間など原生林の植物を堪能しました。志布志自然愛好会の皆様、ありがとうございました。

239-1.jpg 239-2.jpg 239-3.jpg



2013/6
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

前月     翌月