Diary 2013. 1
メニューに戻る
1月1日 (火)  今年もよろしくお願いいたします。

 皆さん、あけましておめでとうございます。
 今年も皆様にとって良い年でありますように。
 日本全国、医療機関は厳戒態勢に入っています。感染症(インフルエンザ、ノロ、RS,マイコプラズマなど)の大流行から入院患者や利用者を守るためです。皆様も不要不急の外出を控え、家で温かく過ごすことをお勧めいたします

226-1.jpg



1月7日 (月)  お正月

お正月は長男、その婚約者、次女、4女、両親、弟とその家族が次々訪れて、久しぶりに賑やかであった。我が国はどうなるか心配だが、我が家は長男の結婚、次女の出産と、今年はめでたい年になりそうだ。
 物置の奥にしまってあった古い6RA8PPアンプを6CW5PP全段差動式に全面改造した。プッシュプルだが、最新の回路でシングルアンプの音色に仕上がった。今、クリニックの待合室において慣らし(鳴らし?)運転をしている。
 そのアンプの腹わたです。配線も半田づけも一向にうまくなりません。半導体も使ってあり、今流行りのハイブリッドエンジンです。
 真空管アンプはかなり発熱します。冬は暖房替わりになります。体が温まると風邪をひきにくい。ガンにもなりにくい。豆乳ヨーグルトを食べながら音楽を聴いて、放射能にも悪政にも負けぬ体を作るぞと今年の誓いを念じつつ投稿終わります。

227-1.jpg 227-2.jpg



1月10日 (木)  世界は日本はどうなるの?

 阿部首相は、日銀の輪転機をフル回転させ、円を供給過剰にし、インフレにし、円安にして、景気を回復するのだと。資金の投資先のない日本ではあまり効果があるとは思えないのだが、それよりも、アメリカがよくそのような政策を許したものだと思う。これまで、日銀の円の大量発行はアメリカの許可をもらえなかった。今回はどういうカラクリなのかと心配だ。アメリカの魂胆は一貫して日本からの収奪だからだ。そのアメリカも破産の危機を前にして、激動の時代を迎えようとしているようだ。欧米の衰退、ソ連の崩壊、イスラムの台頭、アジアの繁栄、戦後世界は大きく変わった。日本だけが戦後体制のへその緒を切りきらずにいる。しかし今年は、大きな津波が海の向こうから来て、日本も変わらざるを得なくなりそうだ。


2013/1
SuMoTuWeThFrSa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

前月     翌月