Diary 2011. 10
メニューに戻る
10月5日 (水)  徴兵制復活?

 戦時体制に突入した日本
「小宮山厚労相は4日の閣議後の記者会見で、東京電力福島第1原発事故による医師や看護師不足解消のため、福島県に設ける支援センターに、医師免許を持つ医系技官と事務職員の計2人を6カ月間程度、常駐させると明らかにした。
 名称は「相双地域医療従事者確保支援センター」。南相馬市の福島県相双保健福祉事務所内に置き、週内にも活動を始める。地元の医療機関や市町村の情報を収集し、人手不足の状況やニーズを把握する。
 また厚労省は、必要に応じ国立病院機構が運営する全国各地の病院から、医師、看護師を派遣する方針。」     (共同)
 放射能汚染された最前線に住民を帰すことにしたので、医師、看護師を強制赴任させるとのことらしい。敵はまだそこにいるのだ。戦火はまだ激しいのだ。住民の避難を更ににすすめ、軍を送りこまなければいけないのだ。
 にもかかわらず、全く逆のことをやろうとしている政府は打倒しなければならない。野田新政権の性格と力量はもうわかった。北アフリカ諸国と同じように民衆の力で暫定政府を打ち立てねばならない。 ヒヒン・・・裕馬


2011/10
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月