Diary 2010. 12
メニューに戻る
12月3日 (金)  やられたね

 ウィキリークスは、はめられたのでしょう。ごみのような情報を大量に、わざと大量に与えて、騒ぎにして、つぶす、ついでにインターネットを規制する口実にするつもりなのでしょう。日本もそうだが、アメリカもとっくの昔に専制国家だったのだから。独裁者はだれか?巧妙な支配でその顔は誰にもわからないように仕組んである。でも頭の悪い裕馬でもなんとなくわかる。今の世で一番力の強いのはお金を自由に出来る人である。世界中のお金をコントロールできる人(階級?)が独裁権を持っているのだろう。うそつきの欲張りで人々の不幸を金儲けの場にする恥知らず、そのようなやからが、この世界を支配しているのだろう。そんな恥知らずの支配を断つためには、すべての国が、断固としたしかし緩やかな鎖国政策を取ることだ。もう金持ちは要らない。貧乏でも幸せに暮らしていける。戦争だけはだめだ。
 戦争で儲けようとするやからは裕馬が許さん。
ヒヒン・・・裕馬


12月7日 (火)  インフルエンザ

読売新聞より

 日本感染症学会(岩本愛吉理事長)は3日、インフルエンザにかかった患者に積極的に治療薬を投与することを推奨する提言を公表した。
 新型インフルエンザが流行した昨シーズンは、早期診断、早期治療が徹底されたため、海外に比べ国内の死亡者が少なかったと分析。今シーズンも同様の対策が望ましいと判断した。
 提言では、季節性インフルエンザによる死亡例は高齢者が大多数を占めるのに対し、新型では30-50歳代の死亡が世界的に多いと指摘。新型に感染した30-50歳代は4-5日目に急に重症化することが多く、とくに注意が必要だという。
 今シーズンは季節性のA香港型が多く、新型は現時点では2-3割。A香港型は小児や高齢者で重症化しやすく、「A香港型の流行が大きくなれば死亡者数は昨シーズンを大幅に上回る」と警戒を呼びかけている。以上、読売新聞より。
 分かり易く言うと
1)高齢者は肺炎などの合併症が死因となり、小児や若年成人は強すぎる免疫反応が死因となる。
2)昨年の死亡率の低下は、新型が高齢者の死亡を増やさなかったからだ。今年はA香港型が主流なので老人の死亡が増えるだろう。
3)早期診断、早期治療が有効だ。当たり前のことである。しかし、抗ウィールス剤が死亡率をへらしたというデータは、確かなものはまだ無い。
4)インフルエンザ治療薬は感染初期に服用しなければ効果ない。それに、初期に服用しても1病日減らすだけの効果しかない。この提言は無駄で不必要な投薬を増やしそうだ。


12月8日 (水)  隠しなさい

 日本の銀行の主たる投資先が,土地ではなく国債にかわっているらしい。それでは,泥棒どもにくれてやっているようなものだ。国内に投資しなさい、なに!投資先がないだと!あるよ。いっぱいあるよ。勤勉な日本人に投資しなさいよ。医療も介護も成長産業だよ。もうけは少ないけどね。だから志布志中央クリニックみたいなところに投資しなさいよ。
 アジアに投資するのもいいよ。これから経済成長するのはアジアだよ。いわゆる先進国にこだわっていけないよ。日本も含めて、もう成長はしないのだから。世界の成長センターとなりつつあるアジアに投資することによって、泥棒の被害も防げるし、もうけも期待できる。だから裕馬が教えてあげる。お金はアジアに隠しなさい。泥棒に盗まれる前に。  ヒヒン・・・裕馬。


12月9日 (木)  地獄耳ならぬ馬耳・・・海老蔵?

 馬仲間の噂によれば、海老蔵と暴走族は薬仲間だったらしい。海老蔵が暴走族の女に手を出したことがあったので、けんかの際につい手加減を忘れたのだと。海老蔵を無期謹慎にしたのも、和解したいのも、薬のことがあるかららしい。また、暴走族は、押尾学とおなじ薬の売人なので、裏社会もそれとつながる悪徳権益族も、前と同じように犯罪者のゲロを恐れて、隠したいんだと。警察は、芸能界が退職後の就職先になっているので、悪徳権益族に染まってしまい、取り締まる気はないんだと。時々、小物をマスコミの生け贄に差し出して、ごまかしているのだと。
 これってほんと!?!?・・・ヒヒン裕馬


12月12日 (日)  再度インフルエンザについて

 インフルエンザ肺炎による死亡例は、すでに獲得していたインフルエンザ抗体が、新たな感染により、制御不能の反応を起こして、肺の組織を傷つけるのが原因ではないかとのレポートがあるそうだ。何か体質的なものが関係していそうだ。この場合にはワクチンは無効どころか悪さをしている可能性がある。インフルエンザによる重症間質性肺炎には、ステロイド大量投与と人工呼吸が救命に必要となるのかな。
 今年はワクチンが大量に余りそうである。昨シーズンのお祭り騒ぎの反動なのか?


12月13日 (月)  民主党のおそまつ

 民主党よ、敵と味方の区別をつけなさい。でないと分裂だよ。
 というよりも、政権を取るために、反自民だけでくっついていたので、政権奪取後は、予想通りになったってことかな。
 政治は理の力だけでは動かないよ。数の力と金の力、権謀術数も要ると思うよ。
 ひょっとしたら、CIAの工作に乗って、親米大連立政権でも作る気なのかな?
 もうアメリカと組んでも、もうけ話はなく、金を差しだすだけだよ。
 国軍を作り,アメリカから独立し、アジア各国と普通の国としてつきあう。脱米入亜だね。
ヒヒン・・・裕馬。


12月16日 (木)  子供のワクチンなぜ2回?

 インフルエンザワクチンで感染予防はできない。感染しても発病しない、あるいは重症化が少なくなるという効果は期待できるが・・・
 乳児(0.1ml×2回)では発病阻止効果0%。幼児(0.2ml×2回)で50%。成人(0.5ml×1回)で70%。
 量や回数を増やせばこの数字はもっと上がってくるのでしょうが、重症化を防げれば十分と考えれば、増やす必要もない。また、接種を2回に分けるというのも、昔の全粒子ワクチンの局所反応が強かったので、量を減らして2回に分けて接種したものが今でも続いているのだと。現在のワクチンは副作用も少なく、力価も高くなっているので、1回接種にしても良いはずだけどね。
 風邪にかかったら、寝ていなさいという、のんきな世の中になったら、ワクチン接種も要らないのにね。ヒヒン・・・裕馬
 


12月17日 (金)  どうもおかしい

 ウィキリークスのジュリアン・アサンジがあっさりと保釈されそうだと。世界の情報を操作する権力と戦っていたんじゃないの?敵は微罪で強引に逮捕し、何年もぶち込むのかと思ったのだが。敵の腰が引けたの?何がどうなっているのか、馬鹿な裕馬にはちっとも分らないが、この事件には裏の裏の裏がありそうだ。アサンジが権力とマスゴミのうそを暴くヒーローとばかり思っていてはいけないのかもしれない。インターネットをコントロールして、支配の道具に利用する大掛かりな仕掛けのひとつかもしれない。
 万国の電脳戦士よ用心せよ、そして団結せよ!
  ナーンチャッテ!  ヒヒン・・・裕馬


12月18日 (土)  やっぱりね

 今朝の新聞報道によれば、ウィキリークスのアサンジは、保釈され、しかも用意された豪邸に移ると。イギリスとアメリカは利害を同じくすること多し。であれば、陰謀の好きなアングロサクソンのことだから、何かたくらんでいると言わねばならない。
アメリカの債務不履行(当然大恐慌になる)が近いので、誰かに罪を擦り付けたいのか、ドサクサに火事場泥棒で大もうけしたいのか、インターネットを管理下に起きたいのか、よく分らないがいずれにしても市民の権利と富がさらに奪われそうな予感がする。
 日本人よ、強盗が出没しているからさっさと戸締りしなさい。  ヒヒン・・・裕馬


12月29日 (水)  ノロちゃんだね

 嘔吐下痢症が急激に増えている。ほとんどがノロウィールスと思われる。インフルエンザA型はちらほらだ。ノロの症状は3日で治まり、重症化することはめったにないが、感染力が強いので、予防が大事である。吐物、便は薄めたハイターを噴霧し処理すること。手洗い、うがい、マスクを忘れぬことが大事である。発病したら、学校、職場は、可能であれば休んだほうがよい。恐ろしげな名前だが、過度な恐怖は不要。それから、症状が消失しても、便にはウィールスが1週間ほど出るので要注意ですよ。


| 1 | 2 |
2010/12
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

前月     翌月